コラーゲンとは皮膚に良い?

コラーゲンとは皮膚に良い?

30代になると、肌の衰えが気になるようになり、化粧品もエイジングケア用の化粧品を使っています。
エイジングケア用の化粧品には、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の潤いを守ってくれる保湿成分が多く含まれています。

 

コラーゲンとは、体を構成するタンパク質です。
体の約3割を占めており、人間にとっては非常に重要な成分です。
また、コラーゲンとは、真皮の約7割を占めるものでもあります。

 

しかし、コラーゲンは、加齢によって、どんどん減少していきます。
そして、コラーゲンが減ってしまうと、肌の弾力が失われて、肌にたるみが出てきます。

 

また、肌の栄養もスムーズに行き渡らなくなり、肌のターンオーバーにも影響が出ます。
肌のターンオーバーが乱れると、皮膚にシミやシワができやすくなります。
そのため、肌の衰えが気になるようになったら、コラーゲンを補ってあげなくてはならないのです。
コラーゲンは、美容に使う場合は、化粧品などを利用する人が多いです。

 

最近では、コラーゲン注射が注目を集めており、美容クリニックのメニューの中でも人気があります。
コラーゲンは、食事から取ることも大事です。
私は、食事で不足する場合は、サプリメントで補っています。